-
シードビーズのご紹介
シードビーズのご紹介
シードビーズの種類
加工の種類
粒数データ
デリカビーズ・丸小ビーズ色番号対応表
シードビーズの用途
ビーズ工場のご紹介
ビーズの製造工程
ビーズの歴史
-
-
加工の種類
シードビーズの加工の種類をご紹介します。

呼称
(別呼称)
加工の特徴 主な種類 色見本 耐久性
資料
種類 特徴 一般ビーズ デリカビーズ A B C
スキ 無色透明(白スキ)又は有色透明なビーズ 0 0 0
ギョク 白色不透明又は有色不透明なビーズ 0 0 0
銀引(銀メッキ) ビーズの穴の部分に銀メッキをしたビーズ 銀引
銀引着色 × ×
ABコーティング
(レインボー)
表面に虹色の光彩(レインボー)をかけたビーズ スキAB 0 0 0
ギョクAB 0 0 0
中染AB 0 ×
ラスター 表面に無色の光彩(ラスター)をかけたビーズ スキラスター 0 0 0
ギョクラスター 0 0 0
焼付ラスター 0 0
メタリック 黒ビーズの表面に各種の光彩(玉虫)を施したり、金ラスター等を焼きつけたビーズ ガンメタル 0 0 0
玉虫 0 0 0
ブロンズ 0 0 0
ゴールドラスター スキ、ギョクビーズの表面に含金ラスターを焼きつけたビーズ ×
セイロン アラバス系の半透明なビーズ(オパール色)の表面にラスター加工したビーズ 0 0 0
中染 ビーズの穴の部分に顔料、染料等で着色加工したビーズ 中染 0 ×
着色(外色付) ビーズの表面に染料、顔料等で着色加工したビーズ 着色 × ×
外銀 ビーズの表面に銀メッキ加工をしたビーズ 外銀 × ×
外銀着色 × ×
シルク サテンシルクの光沢を持つ乳白色系のビーズ 0 0 0
メッキ ビーズの表面や穴の部分に本金やパラジューム、ニッケル等の金属メッキを施した、メタリックで高級感のあるビーズ 外メッキ 0 0
中メッキ(金) 0 0
中メッキ(コパー) ×
メッキ着色 × ×
ツヤ消し ビーズの表面を、スリガラスのようにツヤ消し加工(フロスト加工)したビーズ ツヤ消し 0 0 0
ツヤ消しAB 0 0 0
ツヤ消しブロンズ 0 0 0
ツヤ消しゴールドラスター ×

※耐久性資料の見方
この資料は当社の試験結果または製造履歴に 基づくものです。絶対的なものではなく、あくまで標準的な目安としてのものであり、個別の使用環境や使用条件で異なってきますので、ご使用時には、よくご確認ください。

記号 意味
A 紫外線や経時変化による変色、褪色に対する耐久性です。
B 汗や摩擦による色剥げに対する耐久性です。
C ドライクリーニング(パークロルエチレン、石油系)による褪色に対する耐久性です。
0印 通常の使用条件では、特に問題ありません。
△印 使用条件や個人差によって、耐久性に問題がある場合があります。
×印 耐久性に問題がありますので、使用上は注意を要します。


※グラスビーズの取り扱い上の注意
繊維製品につけられる場合、直接肌に触れるアクセサリーなどに使用の場合は、上記資料と以下の事項を参考にして、適切な取り扱いをしてください。
  • 銀引品や外銀品は、さらし(漂白)による変色を起こします。又、銀は長期間経つことで、硫化反応で黄味を帯びてきたり、変色する性質があります。
  • 外銀品やメッキ品、着色品は強い摩擦によって色が剥がれやすいので、ご注意ください。また、香水やハンドクリームなどでも影響を受けやすいのでご注意ください。
  • 着色品は色によっては、太陽光線(紫外線)により、色が褪せる場合があります。又、強い溶剤によっても色落ちすることがあります。
-