カタログ請求はコチラ 法人のお客様へ よくあるご質問 English Site 会社案内 MIYUKIビーズ 検索

シェイプドステッチCh

シェイプドステッチの無料レシピ

人気のステッチ金具とMIYUKIデリカビーズで人気のストラップを作りませんか? MIYUKI デリカビーズは、たくさんの色数があり、絵を描くように色を選べます。 ストラップ金具の幅に小さなアートを楽しみましょう。 ステッチ金具とMIYUKIデリカビーズで作る、ステッチ・ストラップの作り方とに必要な材料が無料でご覧いただけます。

→シェイプドステッチとは→シェイプドステッチの学習メニュー も併せて、ご覧下さい。

かえるストラップ
ダウンロードはコチラ
シェイプドステッチ ビアジョッキと枝豆ちゃーむ
ダウンロードはコチラ
夏祭りストラップ
ダウンロードはコチラ
お月見チャーム
ダウンロードはコチラ
シェイプドステッチ おいしい秋
ダウンロードはコチラ
かえるストラップ
ダウンロードはコチラ
ビアジョッキと枝豆チャーム
ダウンロードはコチラ
夏祭りストラップ
ダウンロードはコチラ
お月見チャーム
ダウンロードはコチラ
シェイプドステッチ おいしい秋
ダウンロードはコチラ
どんぐりとリス
ダウンロードはコチラ
シェイプドステッチ ひなまつり
ダウンロードはコチラ
カーネーションの花束チャーム
ダウンロードはコチラ

ダウンロードはコチラ
シェイプドステッチ クリスマスツリー
ダウンロードはコチラ
新春チャーム
ダウンロードはコチラ
バレンタインストラップ
ダウンロードはコチラ
バレンタインストラップ

 


Shaped Stitch - シェイプドステッチ - とは

シェイプド(shaped[英]:〜の形をした 意味)と ステッチを合わせた新しい造語の一つで、MIYUKIデリカビーズを使い、ブリックステッチで自由な形の平面モチーフを作る手法です。

ペヨーテステッチと出来上がる編み目は同じですが、端の目を増減しやすいので、ビーズのカラーコーディネートだけでなく、形のアレンジも楽しめます。
MIYUKIデリカビーズを使うことでビーズの粒がそろい、形を整えやすく、ブリックステッチを使うことで糸が目立ちにくく、キレイなシルエットにできあがるのも特徴です。MIYUKIが発信する”ビーズステッチ”のアラタナ世界を、発見・体験してみませんか?

動画で覚える ブリックステッチ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


ブリックステッチの作り方を動画でご覧いただけます。

再生するにはフラッシュプレーヤーが必要です 。
→フラッシュプレーヤーのダウンロードはこちらから

 

Shaped Stitch - シェイプドステッチ -  学習メニュー

シェイプドステッチ(ブリックステッチ)の基本パターン

増目・減目を行わなシェイプドステッチ(ブリックステッチ)の方法はこちら。

ブリックステッチは・・・

ビーズとビーズの間に渡っている糸を拾いながら編んでいきます。
ブリックステッチの1段目は、ラダーステッチの技法で編みます。増目・減目は、編み地の端でします。

基本パターン(奇数目の場合)

1段目のビーズが奇数個の場合は、 図のように1段目をラダーステッチで編みます。

基本パターン(偶数目の場合)

1段目のビーズが偶数個の場合は 図のように1段目をラダーステッチで編みます。

シェイプドステッチ(ブリックステッチ)の増目・減目

1目・増目の場合

2目・増目の場合

1目・減目の場合

2目・減目の場合

2目の減目方法は、3パターンあります。

前の段の糸を拾って戻り、端のビーズから糸が出るように、向き変えます。

<パターン1>
<パターン2>
<パターン3>

シェイプドステッチ(ブリックステッチ)の応用パターン

3・5・7〜奇数目

3目・増目の場合

4目以上・増目の場合

増目が多い場合は、その部分のラダーステッチを編む。

3目以上・減目の場合

残りの目数などによって、3パターンの方法があります。目的や状況に合わせて、使い分けてください。

<パターン1>
<パターン2>
<パターン3>

2・4・6〜偶数目

3目以上・増目の場合

段の編み始めの増目が多い場合は、
その部分のみラダーステッチを編む。

編み終わりの増目は、前の段の糸を拾って戻り、 端のビーズから糸が出るように、向きを変えてから、ラダーステッチを編む。

3目以上・減目の場合

残りの目数などによって、3パターンの方法がありますが、通し方は2目・減目とほぼ同じです。目的や状況に合わせて、使い分けてください。

<パターン1>
<パターン2>
<パターン3>

 

上に戻る